これからも大事にしていきたい絶対に捨てられない手紙

「手紙」という単語を聞くと、やはり1番に主人からもらった手紙のことを思い出します。

結婚式の当日にもらった手紙です。

結婚式は人生の中で1番の晴れ舞台と言っていいほど、自分が主役となれる大きな舞台です。

そんな日を迎え、緊張でガチガチになっている私に書いてくれた主人の手紙は、私の緊張をほぐし、この人と一生一緒に生きていくのだ。

という決意をあらたにしてくれる、とても貴重なものでした。

結婚式当日式場に入り、衣装に着替えて式が始まるのを待っていた時に、その手紙は突然私の手元にやってきました。

いきなり「これ読んどいて」と主人から渡された手紙に、正直戸惑いました。

「こんな状況で手紙なんて渡されて困る!」それが私の心の中の声でした。

ですが読み始めるうちに、そんなことを思った自分を恥ずかしく思い、後悔しました。

手紙には見慣れた汚い字で、今日は花嫁が主役だから心置きなく楽しみ、めいっぱい感動してほしいということと、これから夫婦として生きていく彼なりの決意が書かれていたのです。

そんなことについてこれまで一言も語ったことのない彼が、心の中でそんなことを考えたいたのかと、正直とても驚かされました。

式が始まる前から感動し、気持ちが高揚していったことをよく覚えています。

日頃から手紙なんて書いたことのない人が、自分に宛てて手紙を書いてくれたというだけで嬉しく、それだけ彼自身の中にも何か変化が生まれているのだと思いました。

結婚に対する自覚と決意をしっかりと固めてくれていることがわかり、本当に嬉しかったです。

嬉しかったのに、私は恥ずかしさで、「ありがとう」と一言だけ伝えるのが精一杯でした。

結婚してからはもちろん、手紙のやり取りなんてまったくありません。

ですが、だからこそ結婚式の直前に渡されたあの手紙が、貴重でとても愛おしい手紙でもあるのです。

人生の中には捨てれらない手紙がいくつかありますが、もちろんそんな中でもこの手紙は、絶対に捨てられない手紙です。

これからも大事にしていきますし、何かあるごとにあの手紙を読み直し、いろいろな壁を乗り越えるためのものになって欲しいと思います。

遠距離恋愛していた頃の手紙のやり取り

手紙で一番思い出深いのが遠距離恋愛していた20代中盤の頃のことです。

当時は今のように携帯電話やパソコンなんてない時代です。

遠く離れた彼氏と連絡を取るには固定電話か手紙しかありませんでした。

最初は電話中心で連絡を取り合っていたのですが、電話代が1ヶ月分の給料並みにかさんでしまって、控えるようにしました。

その代わりに手紙を書くようになり、最低でも週に2、3回は手紙を書いてはせっせと送っていました。

手紙を書くようになった頃はラブレターのような相手に対する好きだという気持ちや、早く会いたいとかそばにいなくて寂しいなどというロマンチックな内容でした。

しかし、さすがに週に2回も3回も手紙を書いていると、ラブレター的な内容だけでは書くネタに困るようになってきます。

だんだんと日常のことや近況報告を盛り込むようになり、時には恋のポエムなんかも書いていたのを思い出します。

今思えばよくあんな小っ恥ずかしい手紙を何通も出していたなと、穴があったら入りたくなるような気持ちです。

ただ、相手に対する気持ちを手紙に込めたいという思いは強かったです。

電話での会話が減った分、自分の気持ちをしっかりと手紙で伝えたいと思っていつも手紙を書いていました。

その反面、あまり気持ちを押し付けると彼氏に負担をかけるのではないかとか、手紙1通書くのでも頭を悩ませていたのを思い出します。

残念ながら、遠距離恋愛の彼氏とはハッピーエンドを迎えられませんでしたが、手紙に気持ちを込めて書くという手紙の大切さを一番感じていました。

今はメールなどが普及してめっきり手紙を書く機会は減りましたが、たまに届く友達や親類からの手紙には温かみを感じてうれしくなります。

そんな手紙の良さを知ったのも遠距離恋愛していた頃の手紙のやり取りがあったおかげだと思っています。

夫との15年前の甘酸っぱい手紙のやりとり

もう15年以上前になりますが、夫と付き合っていた当時、私は夫に宛ててよく手紙を書いていました。

今ではスマートフォンが主流になり、ちょっとした連絡はlineのメッセージで済ませてしまうことがほとんどですが、当時はあってもポケットベルくらいなもので、手紙を書くというのはその頃の私にとっては極々ありふれた生活の一部でした。

先日家の中で片付けものをしていたときに、その時に夫に宛てて書いていたたくさんの手紙が思いがけない場所から出てきました。

結婚してからもその手紙の存在は知っていたし、なんだかおかしな話ですが、捨てずに取っておいたのも夫ではなく私です。

ですが改めてそれらを読み直したことはなかったので、ちょっと恥ずかしいような甘酸っぱい気持ちでしたが、それらの手紙を一つ一つ開き読み直してみました。

そこには20歳そこらのぴちぴちした私がおり、夫への溢れる想いが若い字体で書き綴ってありました。

ある手紙には一緒に見たかった映画を夫と二人で見られて嬉しかったこと、またある手紙には夏休みの旅行の計画、また彼の部屋に残してきた置手紙のようなものまでありました。

それらの手紙を読んでなんだか当時を思い出してキュンとしてしまい、夫にそのこと伝えました。

珍しく夫もそれらの手紙を見たがったので、その後また二人で一緒に読み直しましたが、二人ともがやっぱり手紙って良いなと感じていました。

キレイな便箋を選び、相手のことを考えながらペンを走らせ、思いを綴る。

今ではなかなか書かなくなってしまった手紙ですが、たまにはスマートフォンの電源を切って、付き合っていた頃のような気持ちで夫に手紙を書いてみるのも悪くないなと思いました。

男友達からの丁寧な2枚の手紙

普通に友人として付き合っていた彼から貰った手紙です。

異性として特別な感情がなく、それでも一緒に買い物に行ったり、食事に行ったりして、私にとっては親友のような感じ人でした。

その彼から、メールではなく、直接貰った手紙に私は感動してしまいました。

その日は、いつものようにお茶をしにいって、上司の愚痴などを聞いてもらっていました。そして、いつものように別れる時に、そっと手紙を渡してくれたのです。

その彼の行動にビックリした私は、なんだか嬉しい気持ちと、どんなことが書いてあるのだろうと、ドキドキしました。

そして家に持ち帰り、早速封を開けてみると、とてもキレイな字で、手紙が2枚書かれていました。

改めて彼の字を見ると、彼の心の温かさと私に対する気持ちが物凄く伝わり、なんだか感動で気持ちが一杯です。

メールとは全く違う感覚を発見し、彼がとても素敵に感じました。

そして、その手紙には、私への気持ちが書かれていて、私は読んでいる途中から、嬉し涙で、続きを読むことができなくなってしまったくらい感動しました。

昔から、友達でいてくれてありがとう、大切な君へ、というタイトルから、今までの思い出、その当時に思っていたことや、本当はこんな思いだった、という内容が素直に書かれており、懐かしさと、新しい発見、彼の気持ちを深く知ることができて、本当に嬉しかったです。

そして、最後には、これからは、僕が君を守るので、付き合ってください、と書いてあり、私は嬉しくて、幸せで、もう涙でぐしゃぐしゃだった事、忘れられません。

その手紙を読んだ直後、私はすぐに彼に電話をして、直接OKの返事を涙声で言い、私の声を聞いた彼は、ちょっと照れくさそうでしたが、とても嬉しそうで、優しい声で話してくれました。

やはり、手紙は感動します。

もし、彼が手紙ではなく、メールにての告白だったら、私はこんなに感動することなく、彼を異性としてこんなに好きになれなかったかもしれません。

手紙を一生懸命書いてくれた彼、本当にカッコイイです。

手紙は今の時代でも、書いた人の気持ちがストレートに心に繋がる大切な言葉の伝え方だと思います。

誕生日にはメールよりもLINEよりも手紙がいい

ネットの発達とスマホの普及によって恋人や友人にメッセージを送る時もメールやLINEを利用するのが主流になってきています。

それで手紙を書く事がほとんどなくなってきているので少し寂しくなってきた気もしますが、1週間前に恋人から珍しくバースデーカードを受け取る事が出来ました。

今まで誕生日の時はメールやLINEでお祝いメッセージをもらっていたのでどうしたのかなと思いましたが、実際にバースデーカードを受け取ってみるとすごくいいものだと感じました。

そこで私が恋人からバースデーカードを受け取った時にすごくいいものだと感じた点を挙げていきましょう。

・文字が可愛らしくて女性らしさを感じる事が出来た。

メールやLINEで誕生日のお祝いメッセージをもらっていた時は絵文字やスタンプなどを使ってくれて工夫してくれましたが、文字がデジタルなので女性らしさというものはあまり感じませんでした。しかしバースデーカードが恋人の手書きなので文字が丸くなっているなど可愛らしくて女性らしさを感じました。それにより恋人が書いてくれたバーステーカードと分かるのでいいものだと感じました。

・バースデーカードからいい香りをしてきた

バースデーカードは実際に恋人が書いていますが、香水を付けてくれたみたいで受け取った時にすごくいい香りがしました。恋人が普段から付けている香水をバースデーカードにも付けてくれたみたいで実際に恋人と一緒にいるような感じもしました。メールやLINEで誕生日のお祝いメッセージをしてくれる時はいい香りがする事はまずないのでバースデカードを受け取っていいものだと感じた点でした。

IT社会になってきて手紙などアナログ的なものが徐々になくなってきている中で久しぶりにバースデーカードを受け取ってみると昔の良さをすごく感じたので今後も恋人からバースデーカードを受け取りたいと思いました。