短歌が添えられた友人からの最後の手紙

年賀状を自ら書かなくなって5年ほど経過した時に、高校時代の同級生から突然年賀状が届きました。高校卒業から既に10年以上経過していたので、現在の住所ではなく実家に届いたわけですが、確かに高校時代は同じ吹奏楽部に所属していて仲が良かったことを思い出しました。

弟からのメールで年賀状が届いていると連絡が来たわけですが、実際に年賀状を確認出来たのはゴールデンウィークに帰省した時です。

懐かしく思い、卒業アルバムを引っ張り出して届いている年賀状の住所と照らし合わせてみると、旧友の住所に変わりないことを確認して地元に残っている友人経由で近況を確認すると、既に年賀状をくれた旧友は他界していることが判明したわけです。

既に結婚していて家族がいたことも驚きましたが、今まで年賀状が届いていなかったにも関わらず急に届いた理由として、最後の年賀状だったからだとその時に知ることになりました。年賀状が届いた3ヶ月後に脳腫瘍により他界するに至ったわけですが、他界する前に会いに行けなかったことが悔やまれました。

そこで、旧友の家を知る友人と共に訪れると、確かに既に他界している事実がそこにはありました。初めて会う旧友の妻は、実家に帰らず子供と共に同居を続けており、年賀状を出した時の様子を聞けました。

年賀状の文面には、短歌が記されていたので、一度手術を受けたリハビリとして毎日短歌を考えて年賀状として出すことにしていたと知りました。1枚の年賀状は、特別写真がカラフルに印刷されているわけでもなくシンプルなものですが、暫く途絶えていた年賀状が届いた時には虫の知らせであったり、予兆が含まれていると考えて近況を確認することも大切だと実感したわけです。

弟夫婦から届いた初めての年賀状

私には弟がいるのですが、その弟が結婚して初めてのお正月に弟夫婦から年賀状が届きました。

この頃には私自身ももう結婚しており、実家を出ていたのですが、その一年前のお正月にはまだ独身だった弟からの年賀状などもちろん届いていません。
その次の年には不幸があり、喪中のために年賀状は無し。喪中印刷を比較してから注文した記憶があります。(参考:喪中印刷の比較
翌年には夫婦の名前で年賀状が届き、ああ、弟も家庭を持ったんだなとあらためて感じたものです。

そしてこの年賀状には新年のあいさつとともに私たち夫婦の一年の健康を願う言葉などがしたためられており、そこには「お義姉さん」と私のことが書かれていたのです。

もちろん私は長女なので弟の結婚相手は義妹にあたるわけですから、お義姉さんで何もおかしくありません。
ですがなんとなく照れくさいようなくすぐったいような気持ちになりました。

何しろ弟は姉ちゃんや姉貴と呼ぶことはあっても、お姉さんと呼ぶことなどありませんでしたから、そんな呼ばれ方をしたことなどめったにありません。

それが義理の妹が出来た途端、そう呼ばれるようになったわけですから、照れくささ半分嬉しさ半分といった感じでした。

ですがもちろん義理の妹が書いたであろう心のこもった年賀状で嬉しくないわけがありません。これで私にも可愛い義妹が出来たんだと弟の結婚式の時以上にそう実感し、それから数年経った今でもこの時の年賀状は大切に仕舞ってあります。
その後も毎年年賀状を送ってくれるのですが、やはり弟が夫婦になって初めての年賀状というのは格別感慨深いものがありました。今でこそ義理の妹からお義姉さんと呼ばれることにも慣れましたし、嫌な小姑にならないよう気を付けつつ仲良くしていますが、いまだに弟たちが結婚して初めて受け取った年賀状のことを思い出すと照れくささもまたよみがえってくる私なのでした。