手紙から読み取る想像力

最近ではメールやLINEで言葉を交わしたり、年末年始の挨拶なども済ませてしまいがちです。しかし数人だけですがまだ年賀状を送っている相手もいて、そのような付き合いを大切にしています。手紙やはがきで送られてきた言葉にはメールなどの決まった硬い書体で書かれてきた言葉よりも温もりがあるように感じられます。手書きで一言添えてあったりするとその人の個性や人柄も伝わってくるような感じがして年賀状はなるべく出すようにしています。

私の地元で一緒に育った幼馴染も結婚して少し離れた県に住んでいて、毎年年賀状をくれるのですがそこの家庭の子供たちの写真や家族写真を印刷して送ってくれて、必ず手書きで一言添えてくれるので、毎年届くのが楽しみです。

写真を付けてくれると子供たちがどのように成長しているのかや、家族写真でも幼馴染の友人がどのように変化しているのかなどがわかって、年一回だけでも顔が見れるのはいいものだなと感じます。手書きの文字を見ると相変わらずきれいな字だなと感じて友人を懐かしむこともできるし、その一言によく子供が何年生になってこのようなことをしたとか習い事を頑張ってますといったエピソードを添えてくれるので子供たちが大きくなったんだろうなと想像して楽しむこともできます。

離れて生活していてもちょっとした手紙やはがきのやり取りでお互いのことを知ることができるし、淡々と送られてくるメールなどと違って人と人とのつながりみたいなものを感じます。

よく私の姉も荷物を送ってくれたりすると必ず短い手紙を入れてくれて、ちょっとだけどどうぞとかそっちはどんな調子ですかなどと一言添えてくれるだけでこちらのことをいつも考えてくれているんだなとありがたい気持ちになります。たった一言でもいから手書きで伝えるというのは何かでつながっているという気持ちがして大切にしていきたいことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です