面と向かってはなかなか言えない気持ちも手紙だったら伝えられる

私が今までで一番心に残っているのは、父の日に送った手紙です。

それまで母の日や父の日にプレゼントを送ることはあっても、手紙を送るということはありませんでした。上京して親元を離れてもう何十年も経ちますが、母とは普段電話でよく話すことはあっても、父とは会話をするという時間はほとんどありませんでした。

そんな折、父の日が近づき今年は何をプレゼントしようかと考えていたところ、ふと「手紙を送ろう」と思い立ったのです。

父には子供の頃は本当にたくさん一緒に遊んでもらい、色々なところへ連れて行ってもらい、年頃になって少し距離を置いてしまいましたがそれでも成人するまで本当に様々なところで支えてもらいました。色々反発もしましたが、結婚して自分が子育てをするようになると、父への感謝の気持ちでいっぱいでした。

恥ずかしくて今まで直接はおろか一切伝えてこなかったこの気持ちを手紙にして送ろう。そう決心して便箋に思いを綴って手紙を書いたのです。思えばこれは私が初めて父へと宛てた手紙でした。

父の日にこの手紙を送り、その後父からは「ありがとう」という言葉は聞いていたけれど、その手紙についての感想は聞いたことがありませんでした。私も送っておきながら恥ずかしく、父に直接感想を聞くことができず、その手紙の存在は最近になるまですっかり忘れていたのです。

今年、父が急死しました。それまで病気などの兆候も一切見られず、子供達を連れて久しぶりに帰省をしたその翌週のことでした。

まさか亡くなるとは思わず、どうしてもっと父に感謝の気持ちを伝えておかなかったんだろう、ありがとうって言わなかったんだろう、そんな後悔でいっぱいでした。「またお正月にね」とそんな言葉が最後になるとは思いませんでした。

悲しみの中父の遺品の整理をしていたところ、父の机の引き出しに私からもらったあの手紙が大切にしまってあったという話を家族から聞きました。綺麗な箱に入っていたそうです。手紙を送って「ありがとう」としか言わなかった父でしたが、心の中ではとても喜んでくれていたのだとその時初めて解り、何とも言えない気持ちでいっぱいになりました。あの時素直な気持ちを手紙に書いておいて良かった。父に対しての感謝の気持ちは少しでも伝わっていたのかもしれない、そう思えたのです。

面と向かってはなかなか言えない気持ちも、手紙だったら伝えられます。今でもこの手紙のことを思うと涙が出ますが、思っていることは相手に伝えなければ後悔するという事が父からの最後の教えだったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です