未来に出す手紙の威力は、受け取る人次第で大きく変わる

社会人になって3年が経過した頃、実家に祖母から手紙が届いていると母から連絡を受けました。

祖母は5年前に他界していたので、何かの間違いかと思いましたが、実家へ戻る口実に利用されているのかと考えて、翌月に実家へ出向くことにしたわけです。母から手渡された手紙には、確かに祖母の筆跡と分かる読みにくい文字で書かれていました。

家族全員に対して1通ずつ送付されていて、末期癌の闘病中に病院経由で公益社団法人に依頼したことが後で分かりました。

祖母は私が大学在学中で、就職活動を始める頃に他界したので、就職先を知りません。にも関わらず、通信業界に就職して残業漬けの毎日を送っていることが書かれていました。

会社名までは入っていなかったものの、これから起きるであろう壁に立ち向かう方法をアドバイスするかのように、転職を考えた時に思い出す言葉が記されていました。

「退社する前にしか出来ないこと3つを考えて後悔しない決断をするように」というメッセージを見た時に、会社名というブランドで仕事をしていると分かりました。他の会社へ移動しても使えるスキルを育てなければ、目先の転職をしても意味が無いと気付いたわけです。

残業漬けの毎日を行っても、給料が対して上がらないことに嫌気が差していましたが、人脈作りや会社のスキルアップ補助制度を利用した資格取得をフル活用していないことに気づくキッカケとなりました。

新入社員が3年目にぶつかる壁を既に予感していたのか、孫の姿を予測して手紙でアドバイスを送ってもらえたことに感謝したわけです。

最終的に手紙を受け取ってから3年後に転職をすることになりますが、新入社員からの3年間とは異なり、濃い3年間を過ごして転職したことにより、大幅な収入アップに繋がりました。

未来に出す手紙の威力は、受け取る人次第で大きく変わることを実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です