遠距離恋愛していた頃の手紙のやり取り

手紙で一番思い出深いのが遠距離恋愛していた20代中盤の頃のことです。

当時は今のように携帯電話やパソコンなんてない時代です。

遠く離れた彼氏と連絡を取るには固定電話か手紙しかありませんでした。

最初は電話中心で連絡を取り合っていたのですが、電話代が1ヶ月分の給料並みにかさんでしまって、控えるようにしました。

その代わりに手紙を書くようになり、最低でも週に2、3回は手紙を書いてはせっせと送っていました。

手紙を書くようになった頃はラブレターのような相手に対する好きだという気持ちや、早く会いたいとかそばにいなくて寂しいなどというロマンチックな内容でした。

しかし、さすがに週に2回も3回も手紙を書いていると、ラブレター的な内容だけでは書くネタに困るようになってきます。

だんだんと日常のことや近況報告を盛り込むようになり、時には恋のポエムなんかも書いていたのを思い出します。

今思えばよくあんな小っ恥ずかしい手紙を何通も出していたなと、穴があったら入りたくなるような気持ちです。

ただ、相手に対する気持ちを手紙に込めたいという思いは強かったです。

電話での会話が減った分、自分の気持ちをしっかりと手紙で伝えたいと思っていつも手紙を書いていました。

その反面、あまり気持ちを押し付けると彼氏に負担をかけるのではないかとか、手紙1通書くのでも頭を悩ませていたのを思い出します。

残念ながら、遠距離恋愛の彼氏とはハッピーエンドを迎えられませんでしたが、手紙に気持ちを込めて書くという手紙の大切さを一番感じていました。

今はメールなどが普及してめっきり手紙を書く機会は減りましたが、たまに届く友達や親類からの手紙には温かみを感じてうれしくなります。

そんな手紙の良さを知ったのも遠距離恋愛していた頃の手紙のやり取りがあったおかげだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です