落し物を届けたことから届いた手紙

私が大学生のとき、今から10年以上前の話です。

私は地方在住なのですが、あるとき東京で好きなアーティストのライブがあって、友人と二人で参加することにしました。

ライブは盛り上がり、気づけば新幹線の時間ギリギリになっていました。

私と友人は慌てて駅に向かい、あらかじめ預けていたロッカーから荷物を取り出しました。

すると、上の段から、ひらひらと千円札が落ちて来ました。

探ると、さらに千円札が10枚近くあるのがわかりました。

電車の時間もないし、どうしようと悩みましたが、お金はお金、駅員さんに預けることにしました。(この手続きが思った以上にかかり、新幹線に本当に間に合わなくなりそうになってちょっと後悔しました)

そして実家に帰った私ですが、およそ一月後、ハガキでお手紙を頂きました。

そこにあったのは、見知らぬ男性のお名前。
誰だろうと思いながら、とりあえず読むことにしました。

よくよく読んでみると、手紙の送り主はあの千円札の持ち主らしき人でした。
駅員さんを通じ、私の住所を教えてもらったとのことです。

そこには、拾ってくれてありがとうございました、どこに落ちていたか詳しいことを知りたい、ちゃんとしたお礼として、菓子折を送りたい。そんな旨のことが手書きで書いてありました。

しかし、当時の私は警戒心が高く、またずぼらだったこともあり、その人への返事をしないまま、今に至っています。

菓子折は断るにしても、ちゃんとお金を見つけた経緯や、手紙を送って頂いたことへの感謝などはきちんと伝えるべきだったなぁ……と反省しています。

当時世間しらずの若造だったとはいえ、これがなんらかの縁になったかもしれないと思うと、本当にもったいないことをしたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です