手紙でしか伝えられないこと感じられないこと

私には長い間疎遠になっていた親友がいます。

大学に通っていた間は本当に毎日一緒にいて姉妹というよりも自分の分身のような感じで何をするにも一緒に過ごしていた友人でした。
ですが卒業間際、私も彼氏と離ればなれになる事もありナーバスになっていて、友人が冗談半分で口にした事が私の逆鱗に触れ大喧嘩をしてしまいました。

そのまま卒業し彼女は地元に戻りましたから連絡が一切途絶えました。

風の噂で彼女が結婚して子供を産んだという話は聞いていたんですが、お互いに住所は知らなかったので、やり取りはなく私も『おめでとう』の一言が言えずにずっと心に引っかかっていました。

そんなことを考える様になってから、共通の友達からこんな電話がありました。その友人が私と連絡を取りたいと言っているとのことでした。

私はすごく悩みましたが電話で話すのは何かまだ気が引けて、手紙ならいいよということを承諾し共通の友達に私の住所を託しました。

それから1か月ほどして疎遠になっていた親友から一通の手紙が届いたのです。その手紙には旦那さんと子供と一緒に写った家族写真が同封されておりました

彼女の顔を見た瞬間、私は学生時代のことが一気に蘇ってきて不思議と涙が溢れてきました。手紙というものは高校以来書いてもいなかったしもらったこともなかったんですが「手紙っていいな」と思いました。

電話や直接会った時に言えないことも字に表すと素直に書けるものですね。私もすぐに返事を書きました。今まで気になっていたことや些細なことで怒ってしまったこと…それに関して素直に謝ることができました。

それから更に2ヶ月ほどして私たちは直接電話で話し、会う約束もしました。これを機に手紙の素晴らしさを実感することができて今の時代はメールで済ませがちですが、手書きの手紙を書くことを最近始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です